丸編み生地のストップマークの原因

丸編み機の編み工程では、機械の始動と停止の際に、布の表面に水平マークの円が生成されることがあります。これは一般にストップマークと呼ばれます。ダウンタイムマークの発生は、次の理由に関連しています。

1)糸送り軸キーの摩耗による隙間があります

2)ヤーンフィードアルミニウムプレートとの間の摩擦係数 歯ベルト 小さすぎるため、滑りが発生します

3) ローラーを降ろす ワインダーが緩すぎて、布が引き戻されます。または、テイクダウンの伝達に問題があり、クロスワインダーが遅れています。

3

4)間の適合 カム 追跡し、 編み針 また シンカー 緩すぎる(カムトラックと編み針の調整は、使用する編み針の太さに関係し、太い編み針はしっかりと一致し、細い編み針は緩くなります。-セットあまりにも使用することはお勧めできません。カムのステッチ長の広い範囲)。針でカムトラックが緩すぎると、布の表面が密になり、ゆっくり運転すると糸の送り張力が緩くなります。速く運転すると、布の表面が薄くなり、緩い糸の張りがきつくなります。

5)カムボックスを一元的に調整すると、設計や製造が不合理になり、ストップマークが発生しやすくなります。

6)同じ問題が発生する場合 ダブルジャージー編機 大きな三脚ギアまたは大きなプレートギアとピニオンギアの間が緩すぎます。上下の針が発生しやすいシリンダー 始動時またはブレーキ時に揺れるため、上下の編み針の位置合わせに影響します。


投稿時間:2021年8月2日